Top
超初心者のカルトナージュ(2)
d0102493_1525791.jpg


d0102493_1532172.jpg


カルトナージュの教室に通い始めて間もない私、初心者コースからのスタートには
間違いありません。
ただ、初めてお伺いする際に、これまで作成したメモホルダーやインターネットで習った
リボントレィなど持参して見ていただき、いくつかの初歩的な段階はお許しいただけました。

製本の経験がこれほどまでに活きようとは正直思ってはいませんでした。
第一、製本クラブの世話人など引き受けておりますが 技術的には まだまだで
お恥ずかしい状況です。サポーターのFさん、Sさんの実力には……とても、とても。

ただし、世話人ですから技術的なレベルは必要なし。
周りからおだてられて世話人になった それでOKなんだ と開き直り。


ま、それはともかく少しずつではありますが 前に進んではいるようです。
ただ私は装飾的な意味合いを持つような作品は作る気が無い
というより飾る場所が我が家にはない。

ステイショナリーなど、つまり実用的な作品を作りたい、それは以前にも書きました。
先生にもそれは前もってお話しいたしました。
お教室にはフランス直輸入のそれはそれは上品で素敵な生地を使った作品も多く
私には縁遠いものばかり。(敢えて乗り込んだ私は異端児か?)

それにもめげず
今日のフォトフレーム いかがでしょう?
茶のドットは教室で作りました。
中の台紙の部分は先生がチョイスした中から自分で選んでいます。
メチャメチャ気に入っています。写真を入れずにこのまま飾っておいてもいいな。
こちらは縦にも横にも使えるタイプ


紺の紋章の方は自宅に戻って必死で復習しました。
中の台紙は和装本用のしわしわの(そういう紙なんです)気に入っていた、とっときを使用。
見えないのにね。

d0102493_1574867.jpg


教室で先生に指摘された注意点はここ。足の部分、「しっかりボンドをつけて貼り付けないと
浮いてきますよ」 その通りになってしまっています。

d0102493_15332960.jpg


自宅での復習ではしっかりと貼りましたのでとてもきれいにいってます。

ヘラの使い方、角の折り方、四隅のカットと貼り付け方、ひとつひとつ丁寧に教えて
頂きました。。早く身につけて悩みの種の部分を克服したいと思います。
次回が楽しみです。
[PR]
Top▲ | by yygmmana | 2013-09-23 14:36 | 下手の横好き(作品)
<< わかんない | ページトップ | 嵐の日には >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin

ファン申請

※ メッセージを入力してください