Top
「置かれた場所で咲きなさい」
d0102493_1151959.jpg


            またまた登場4歳の時の孫のN君です。もうほんと可愛いんだから。
            この面影はいったいどこへ?

d0102493_118984.jpg


d0102493_1183234.gif


市立図書館からお知らせメールが届きました。
8月に予約をしておいた本の用意が出来たという連絡です。
予約の時点で70番目くらいでしたから、申し込んでおいたことも
すっかり忘れており、一瞬 私またなんかやっちゃったかしら?と。


ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」
現在でも待っている方がいるのでしょうか  以前にもそんなことがありましたが
「この本は待っている方がいらっしゃいますので、なるべく早くお返しください」
と表紙の裏に張り付けてあります。

私は宗教と名のつくものにはおよそ縁のない人間なので、修道者である著者の言葉を
素直に受け入れられない部分も多くあるのですが
「置かれた場所で咲く」という言葉に惹かれました。

人間として生まれたからには、どんなところに置かれても、そこで環境の主人となり
自分の花を咲かせる。長い間には「こんなはずじゃなかった」と思うことが
次から次へと出てきますが、そんな時にもその状況の中で咲く努力をすべきだと。

反抗期を迎えた中学生と、共に暮らしていると腹の立つことばかりです。
そんな私に「子供は親や教師の「言う通り」にならないが「する通り」になる」

子どもに何かを伝えるのに言葉はいらない。
ただ誠実に努力して生きていくだけでいい。

この言葉   響きました…。
ただ、今はそんなに物わかりが良くなれないのですが。

さらに、人間は完全に分かり合えない。
どれほど相手を信頼しても98%の信頼にしておいて
あとの2%は相手が間違った時の許しの為に取っておく。
人間は不完全なものなのに100%信頼するから許せなくなる
 
ほんとにそうだと。

キリスト教の教えがここそこに出てくるので、それには少し閉口したのですが
一年の終わりにこの本に出会えてよかったと思います。

この一年 このブログに立ち寄って下さったたくさんの皆様
ありがとうございました。また来年も突っ走るだけ突っ走ってみます。
元気だけが取り柄の私ですから。

それでは皆様 「Merry Christmas」 そして  良いお年を。
[PR]
Top▲ | by yygmmana | 2012-12-23 01:09 | 日記
<< 2013スタートです。 | ページトップ | Windows8がやってきた。 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin

ファン申請

※ メッセージを入力してください