Top
以前はただの小太りだった
d0102493_1444634.jpg


読売新聞の「本よみうり堂」というページに「なぜうつ病の人が増えたのか」という
本について精神科のお医者様が記事を書いておられました。
内容は難しくてよくわからないのですが、私の頭で理解できたことだけ書きますと、軽い「うつ」
の多くは以前であれば「うつ病」と認識されることはなかったし、その程度で病院には
行かなかった。しかし、製薬会社のプロモーションにより「うつ」は病気であり早期治療が
望ましいと医師や一般市民は啓発されそれにより非定型、新型うつ病と称されるタイプだけが
若い世代に目立ってしまっているのだそうだ。


関連する状況としては、メタボ、メタボと以前だったら「ただの小太り」が今では病院の検診
や保健指導の対象となっていると。  そう!  そうなんですよ! 
私は「ただの小太り」なんですよ。
それなのに最近はすぐに、あれやこれやと決めつけて、薬だ運動だって。

脅しにすっかりビビってしまった私は、なかなか痩せないので最近ではハードル上げちゃって
目標「毎日15000歩」ですよ。
孫のN君まで「体脂肪」気にしちゃってます。(あんたはいいの!)


もちろん早期治療の重要性もありますが、いたずらに多数の病人を
作り出されたとも言えるのではないかと言っておられます。
記事の最後に微妙な文章があります。
「まだ、病気でない」と「もう病気かもしれない」との間には・・・・。
何が潜んでいると思いますか。        ヒント「製薬会社」


d0102493_14463633.gif


仲間の「すみれ」さんからご指導いただきPhotoshop Elementsの「ガラスボタン」で
作成しました。下絵は無料で配布されている
「ぬりえプリント」
http://www.nurie.rdy.jp/print/  さんからお借りしてElementsで色付けをし
ガラスボタンにベベルやエンボスで膨らみをつけました。
楽しいですよー。下の作品も下絵は「ぬりえプリント」さんからです。
d0102493_1523022.jpg

[PR]
Top▲ | by yygmmana | 2009-10-10 15:07 | 日記
<< 王子界隈 | ページトップ | ボジョレヌーボーの季節 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin

ファン申請

※ メッセージを入力してください