Top
お嫁さんからのお年玉
d0102493_227956.jpg
1月1日、息子が昨年の6月に生まれた下の子を連れて我が家にやって来た。

お嫁さんは上の女の子を連れて映画を観に行くのだと暮れに連絡が来ていた。

実はこの計画はお嫁さんから私へのお年玉であった。

自分がいない間に、7ケ月になって可愛いさがいっそう増した下の子を

思う存分抱っこしてあげてというのである。

自分がいるとお義母さんが遠慮するからという配慮なのである。

息子からこの話を聞いて  うれしかった。 それにしても

お嫁さんにはすっかりお見通し。バレバレだったのだ。

私ってつくづくわかりやすい女なのね。

お嫁さんからのお年玉は4時間ほど。

お姉ちゃんの風邪をもらっちゃって時々咳き込んだりするので

息が止まっちゃうのではと おろおろし、その度に息子のところへ

飛んでいった。息子は慣れた手つきで背中を軽くたたいてあげていた。

娘の子供のN君を含めて3人も育児の経験があるのに・・・・。

もう!話にならない。お嫁さんが映画が終わって我が家に到着したときには

心のそこからホッとした。そして感謝した。d0102493_235335.gif
[PR]
Top▲ | # by yygmmana | 2007-01-03 02:37 | 日記
困った質問
d0102493_141147.jpg

サンタさんは本当にいて、イブの夜に枕元にプレゼントを置いて行ってくれる

そう信じている孫のN君は、友達のところには今、巷で大流行のゲーム機が

届いて、何故自分のところには、こども辞典とお菓子なのか納得がいかないようで

どうしてなのかと娘に詰め寄っているらしい。

悪いことに私がクリスマスの前の日に「サンタさんは世界中の子供にプレゼント配っている

んだからそんなに高いものをおねだりしちゃ可哀そうだよ」と本当のサンタである娘の

懐具合を考えて言ったものだから

どうして友達には16000円もするものが届いたのか そこをついてきた。

近日中に私にも同じ質問をしてくるに違いない。


彼には今までにいろんな困った質問をされてきたが…  困った!本当に困った!

どなたか いい答えがあったら教えてください。

「じいじと離婚したい?」とじいじがいる前で聞かれた時より困ってます。

うそつきの大人にはなりたくないんです。
[PR]
Top▲ | # by yygmmana | 2006-12-29 01:50 | 日記
探し物は?
d0102493_16271189.jpg


「探しものは何ですか?見つけにくいものですか?」
大好きな井上陽水の歌にもあるけれど、とにかくいったい一日のどれくらい
探し物をしているのと自分に問いかけたいほど、よく、ものを置き忘れる。
ベスト3は携帯、めがね、財布。こんなところに置くと後で探す羽目になるよと思いながら
また置き忘れる。処置なしなのだ。

親友は私と電車に乗る時は「切符!」と言って私から切符を取り上げる。
そうしないと決まって改札口でポケット、バッグの中をゴソゴソやり始めるからなのだ。
置き忘れはまだいい。家の中が殆どだし、困るのは自分だけだから。問題なのは落し物。

先日、その友人と映画を観に行き家の鍵を失くしてしまった。
どこで落としたのか心当たりもない。以前は娘、息子の家の鍵、車のキーとジャラジャラ
させていたのだが さすがに自分でも心配になり、それぞれ分けて持つようにしたのは
賢明な処置だったと、これだけが救いだった。
幸いその日は娘が休みで家にいたので家の中に入ることは出来たのだが
「映画館や喫茶店で失くしたのならまだいいよ、誰の鍵かわかんないから。一番怖いのはお母さんは家の玄関の門の上とか、ポストの上にポイと置くでしょ!あれが怖いのよ!
そのまま外出しちゃって、誰かに拾われて忘れたころに泥棒されちゃうでしょ!それが怖いの!」とこの時とばかり日頃の恩を忘れて偉そうに娘が言い放った。d0102493_15161675.gif
「くそー! 覚えてろー!」心の中でつぶやいた。

几帳面な主人にばれるとまたグチグチ言われるので、近所の金物屋に娘に借りた我が家の鍵を持って合鍵を作りに行った。
家の近くとはいえ、ほとんどその金物屋には行ったことがない。全て車でホームセンターまで行っている。出てきたのがいかにも職人気質のおじいさんで持参した鍵を見るなり「奥さん!これマスターキーじゃないね。
複製の複製作ってどうすんのよ!そのうち鍵が開かなくなっちゃうよ!えっ!」と睨まれた。
「ハイ」と小さくなって言うと
「ハイじゃないでしょ!そうして大騒ぎしてぇ!この間も花小金井まで行って来たのよ!」

えー!それ、私じゃないから 私に言われても???? と思ったがもちろん口には出せない。
一緒についてきた孫にも照れくさいので「じいじには言うなよ!」とわざと怖い顔で
脅すように言っておいた。ちなみに、主人はブログが何であるかも解からない人なので
これからはうっぷんはココで晴らそうと決めている。
[PR]
Top▲ | # by yygmmana | 2006-12-22 15:30 | 日記
似ちゃってごめんね
d0102493_15302061.jpg
我が家の今年1年生の孫N君は天真爛漫、とっても明るくてひょうきん。
打たれ強くて切り替えが早い。多少のことではへこたれない。
難を言えばお調子者で拍車がかかると手が付けられず
どんどんエスカレートし、かみなりを落とされるまで止まらないという
のが、欠点といえば欠点でただ私としてはそんな彼の欠点をも好ましく思っていた。
孫なので当然と言えば当然なのだが、正直に言うとそんなところが
私の子供時代にそっくりなのである。
娘がよく「あーちゃん(私のこと)にそっくり」と苦々しく言っている。
私は好ましく思っているのだが保育園時代には許された彼の性格が
学校の規格には当てはまらないらしく、しょっちゅう先生からお小言を頂戴している。
あれもこれも駄目!ああしてこうしてと細部に渡って注意を受ける。
悪ふざけが過ぎたね、としかこちらでは思わないことが謝罪の文まで書かされて
帰ってくる。まだ1年生なのに。いやたぶん、もう一年生なんだからと
考えるべきなのかも。

彼は「何ちゃんてすごいんだよ!学校に入ってから先生に3回しか怒られていないんだって。
俺とは反対なんだ。全然一回も怒られなかった日が3回あるよ。」と自慢してました。
そんな彼がますます可愛いいです。
このままいくと彼のいいところが少しずつ失われていくようであーちゃんは心配です。
彼には、乱暴してはいけない、自分のいやなことは他の人にしてはいけない、授業中におしゃべりして、授業の邪魔をしてはいけない。それだけをきつく言い渡してあります。
浣腸ごっこをしたり、入っちゃいけないところに入ったり、友達とけんかしたり
そんなことは許します。痛い目に合わないと解からないのは私譲りですから。
[PR]
Top▲ | # by yygmmana | 2006-12-10 15:38 | 日記
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin

ファン申請

※ メッセージを入力してください