Top
似ちゃってごめんね
d0102493_15302061.jpg
我が家の今年1年生の孫N君は天真爛漫、とっても明るくてひょうきん。
打たれ強くて切り替えが早い。多少のことではへこたれない。
難を言えばお調子者で拍車がかかると手が付けられず
どんどんエスカレートし、かみなりを落とされるまで止まらないという
のが、欠点といえば欠点でただ私としてはそんな彼の欠点をも好ましく思っていた。
孫なので当然と言えば当然なのだが、正直に言うとそんなところが
私の子供時代にそっくりなのである。
娘がよく「あーちゃん(私のこと)にそっくり」と苦々しく言っている。
私は好ましく思っているのだが保育園時代には許された彼の性格が
学校の規格には当てはまらないらしく、しょっちゅう先生からお小言を頂戴している。
あれもこれも駄目!ああしてこうしてと細部に渡って注意を受ける。
悪ふざけが過ぎたね、としかこちらでは思わないことが謝罪の文まで書かされて
帰ってくる。まだ1年生なのに。いやたぶん、もう一年生なんだからと
考えるべきなのかも。

彼は「何ちゃんてすごいんだよ!学校に入ってから先生に3回しか怒られていないんだって。
俺とは反対なんだ。全然一回も怒られなかった日が3回あるよ。」と自慢してました。
そんな彼がますます可愛いいです。
このままいくと彼のいいところが少しずつ失われていくようであーちゃんは心配です。
彼には、乱暴してはいけない、自分のいやなことは他の人にしてはいけない、授業中におしゃべりして、授業の邪魔をしてはいけない。それだけをきつく言い渡してあります。
浣腸ごっこをしたり、入っちゃいけないところに入ったり、友達とけんかしたり
そんなことは許します。痛い目に合わないと解からないのは私譲りですから。
[PR]
Top▲ | # by yygmmana | 2006-12-10 15:38 | 日記
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin

ファン申請

※ メッセージを入力してください